大学生におすすめの資格ってなにか教えて!現役大学生がおすすめだと思う資格7選を紹介します!!

大学生におすすめの資格7選

 

この記事を見ている方は、インターンシップや就職活動に有利になるために資格を取りたいや社会人になるまでに大学生のうちに何か資格を取りたいと思っている方も多いことだと思います。

そこで、現役大学生である私が「この資格を取っとくべきだな」と思う資格を7選紹介したいと思います。

おすすめ①TOEIC

TOEICは、定番と言えるでしょう。

知らない方のために説明しますと、TOEICとは、日本で最も広く活用されている英語コミュニケーション能力テストの一つです。

990点満点で、主に聞く・読む力を測るテストです。

そして、履歴書に書く大学新卒者の場合、英語を使う仕事でなければ、600点以上が目安と言われています。

英語を使う仕事の場合は、750点〜800点以上がいいとされています。

TOEICのスコアを伸ばしたいという方におすすめなのが、スマート・チューターです。

スマート・チューターは、これらのことができます。

気が済むまで繰り返し練習

英語学習の習慣を身に着ける

効率的に英会話を勉強できる

自分のペースで英語に触れることができる

このようなことができる理由は、VR貸し出し無料で1ヶ月VRを使い放題だからです。(2021年9月21日現在)


おすすめ② 簿記

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにするための技能を持っているという証である資格です。

簿記は、4級までありますが、経理などと関係のない職種の場合は、3級以上で、経理や会計事務所、税理士事務所などを目指す方は2級が求人条件の場合が多いので最低2級は取りましょう。

さらに税理士試験を考えている方は、1級を目指すのがいいでしょう。


おすすめ③ ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する知識をもとに、住居・教育・老後の生活など、将来に渡った人生設計・資金計画のアドバイスを行う資格です。

ファイナンシャルプランナーは、金融系と関係ない職種であれば3級以上で、金融業界を目指す方は、2級以上を取りましょう。


おすすめ④ 自動車免許

自動車免許は、万能性が高い資格と言えます。

とはいえ、大学生じゃなくても社会人になってからでも自動車免許は取れます。

なぜ、大学生のうちに自動車免許を取ることをおすすめするかというと、自動車免許を取るには講習や実技を受けなければならず、ある程度まとまった時間が必要なので、社会人になってからでは、なかなか取りづらい現状があるようです。

長い時間をかけて、自動車免許を取るのじゃなくて、短期間で取りたいという方は、合宿をおすすめします。


おすすめ⑤ ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する一般的な知識を身につけているという証明の資格です。

やはり、業界への就職の場合は有利といえますが、事務などの仕事などでは、仕事あまり有利と言えません。

ですので、ITパスポートを取るのは、IT業界の職種に就職を目指す方におすすめです。

ただし、最近では、どの職種でもIT化は進んでいるので、取っていて損はないでしょう。

おすすめ⑥ MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは国家資格ではなく、 マイクロソフトが公認する世界基準のパソコン資格で、Word・Excel・PowerPointなどの利用スキルを証明する認知度の高い資格です。

どの業界、どの職種でも就職をするとしたら、入社後は、高い確率で、Word・Excel・PowerPointを使用する機会があると思います。

ですので、大学生のうちに取ることをおすすめします。

おすすめ⑦ 秘書検定

秘書検定は正式名称を「秘書技能検定試験」と言います。

文部科学省が後援して、財団法人実務技能検定協会が実施する資格試験です。

習得できる技能は、仕事をするうえで心得ておくべき、「敬語の使い方」「電話対応」などの一般常識などです。

さらに、社会人として必要とされる「マナー」や「接遇」「コミュニケーション力」などさまざまな技能を習得している証の資格です。

履歴書には、3級から書いても問題ありませんが、準1級以上を取得しておくと、どのような会社でも非常に有利に働きます。

ただしその分2級・3級と比べると難易度も上がります。


まとめ

今回は、

TOEIC

簿記

ファイナンシャルプランナー

自動車免許

ITパスポート

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

秘書検定

を大学生にお勧めの資格として紹介しました。

特にTOEICは、おすすめです。

私もTOEICの勉強を頑張ってます。

資格を目指してる方、お互い頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました