糖尿病の人はうつ病になりやすい!?うつ病の人も糖尿病になりやすい!?それは本当なのか答えてみた!!

うつ病

糖尿病の人はうつ病になりやすくうつ病の人も糖尿病になりやすいのか

 

糖尿病の人はうつ病になりやすくて、うつ病の人は、糖尿病になりやすい?

まず、答えを言うなら糖尿病の人は、うつ病になりやすいです。

さらに、うつ病の人も糖尿病になりやすいといわれています。

うつ病になると、血糖値のコントロールが難しくなり、それが原因で糖尿病の合併症が多くなります。

ですので、うつ病は、早期に発見し適切な治療が大事と言えるでしょう。

糖尿病とは?

糖尿病は国民の10人に1人がかかっていると言われている国民的な病気です。

おたけ
おたけ

私も糖尿病の疑いがあります。ですので、今度病院に行ってきます。

そして、早期は自覚症状がないため気づかな気にくいという特徴があります。

さらに、検査で血糖値が高く治療が必要といわれても治療を受けなかったりする人が多いです。

糖尿病で治療を受けている人は「全体の半分弱にすぎないなではないか?」と言われています。

しかし、糖尿病によって年間約1万5千人が死亡しています。

おたけ
おたけ

な、なんて恐ろしい。私が糖尿病と診断されたら、絶対に通院します。

死亡率だけでも恐ろしいにも関わらず、糖尿病による腎症で年間約1万5千人が人工透析を始め、年間約1,000人に糖尿病による高度の視力障害(失明など)が発生している という恐ろしい出来事があります。

うつ病とは?

うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。

詳しく知りたい方は、こちらから

うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生がうつ病について詳しく徹底的に解説してみた
うつ病について うつ病ってなに? うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。 そして、うつ病は基本...



糖尿病とうつ病の関係

これは、驚きの数字なのですが、糖尿病の約30%にうつ症状があると言われています。

おたけ
おたけ

はじめ聞いた時は、耳を疑いましたね。思った以上に糖尿病の人のうつ症状が多かったので。

くろのすけ
くろのすけ

おたけも気をつけろよ。

おたけ
おたけ

いや、私はもうどちらも手遅れな気がするけど・・・

両者の関係については、神経系・内分泌系および免疫系の相互関係の研究がすすめられています。

ですが可能性としては、「行動上の要因が大きいのではないか?」と言われています。

糖尿病では、食事制限などの食事管理により、長引く治療がストレスで「うつ病を併発するのではないか?」と考えられています。

またうつ病も運動不足になることにより、自己管理が難しくなり、「糖尿病になりやすくならのではないか?」と考えられています。

糖尿病とうつ病の合併症でリスク上昇!?

糖尿病とうつ病を併発すると生活の質が下がります。

それだけでなく、深刻な影響がでます。

それは、だいたい死亡率が1.6倍に上がり、医療費は4.5倍になるということです。

おたけ
おたけ

ま、まじか。ど、どうしよう。

また糖尿病の合併症である神経障害・腎症や網膜症が起きやすくならと言われています。

さらに、それらの合併症が悪化する可能性も高くなります。

さらに、糖尿病の人がうつ病と合併することにより、治療の効果をあまり期待できなくなります。

なぜなら、食事制限や運動への関心が下がり、その結果有効な療養を実施・継続ができなくなるという悪循環が起きるからです。

例えば、喫煙量やアルコール量が増えるなど、糖尿病の悪化を招くなどです。

おたけ
おたけ

・・・_| ̄|○

くろのすけ
くろのすけ

お、おい。そんなに絶望するなよ。



まとめ

ここまで読んでいかがだったでしょうか?

うつ病と糖尿病は合併しやすく、死亡率も1.6倍になり、治療費も4.5倍になるとは驚きですよね。

はぁー、糖尿病かもと思うと、気が重いです。

食べ過ぎには注意が必要ですね。

皆さんも気をつけましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました