障害者の方におすすめの就職や転職をするための資格を紹介します!!

障害者の方におすすめの就職や転職のための資格について

障害者の方が有利に就職活動や転職活動をするためには資格が大事

障害者の方の就職・転職では、企業側の障害についての理解不足もある事が多いです。

障害者の方の能力が正確に企業に伝わることも難しいと言えるでしょう。

たとえ、口頭で「〇〇ができます」と言ったところで、

説得力がない

とまでは言いませんが、信頼性がそこまでないです。

そんな時に、信頼性があるのが資格です。

客観的な能力の証明として、障害者の方の就職や転職のアピール材料になります。

障害者におすすめの資格

どんな資格でも、持っていると就職や転職に役立つとは言えません。

資格には、業種や職種を問わずに役立つ資格と目指したい職業において役立つ資格の2種類があります。

ですのでまずは、自分がどんな仕事をしたいかを選んでから資格を選びましょう。

それではジャンル分けをして、その職業にたいしてのおすすめの資格を紹介していきたいと思います。

事務職

事務職は一般企業の障害者雇用枠の中で最も募集が多い職業です。

そして、体に負担がかかりにくいデスクワークが中心であることから、求職者からも人気がある職業です。

そんな事務職におすすめの資格を紹介していきたいと思います。

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

業種や職種を問わず人気の資格であるのがMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)です。

MOSは、WordやExcel、PowerPointといった、マイクロソフト社のパソコンスキルがどの程度あるかを証明する資格です。

やはりこの時代、事務職はもちろんですが、どの職業でもパソコンスキルは大事だと言えるでしょう。

日商簿記検定

事務職で専門的な知識が必要になるのが、経理職です。

経理職はどんな会社にも必要とされています。

さらに、簿記の知識は営業事務や一般事務職でも必要とされることもあります。

ですので、簿記の資格を取るのをおすすめします。

そして、簿記スキルの証明として取得をおすすめすのが、日商簿記検定です。

基本的には、2級以上の取得がいいと言われています。

そして、一般企業だけでなく会計事務所への就職や転職に有利というてんもあげれるでしょう。



ビジネス能力検定

ビジネス能力検定は、ビジネスパーソンに求められる能力を認定するための検定試験です。

事務だけではなく営業や営業企画、生産管理などにも役立ちます。

ですので事務だけでなく、他にもいろいろなことをしたいという方はとるのをおすすめします。

さらに、1級レベルになると役職レベルのマネジメントスキルや交渉力や財務などの知識も必要となるので、キャリアアップの意欲が高いことをアピールすることができます。

秘書検定

秘書検定は、秘書に求められる知識や技能について問う資格のことです。

一般常識や敬語の使い方や電話対応やビジネス文書の作成が身につける資格です。

ですので、社会人としての知識が備わっていることをアピールすることができます。

それに、2級は60%で、1級でも40%と合格率が高いです。

そのため気軽に取りやすくておすすめの資格です。



IT業界

IT業界を目指す障害者の方におすすめの資格は、紹介する全てがおすすめですが特にIT業界に就職するためにおすすめなのが、「基本情報技術者試験」です。

ではそれぞれ、IT業界初心者からはじめて、取りやすい資格を順番に紹介していきたいと思います。

もちろん難易度は高くなりますが、下に行くほど、就職に有利と言えるでしょう。

ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する一般的な知識を身につけているという証明の資格です。

初心者や未経験者がまずに取るのがおすすめの資格と言えるでしょう。

国家試験の中では一番簡単なレベルと言ってもいいでしょう。

基本情報技術者試験

ITパスポートは正直言って、就職に有利かと聞かれれば、

少しは有利

というのにたいして、基本情報技術者試験は、IT業界で働くための基礎知識を所有しているという証明ができる資格なので、IT業界への就職として有利に働くでしょう。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、難易度が高いです。

応用情報技術者試験の資格を持っていると、資格手当が出る会社もあるくらい重要な資格です。

ですが、それ相応に難易度も高いのが特徴と言えるでしょう。

その分、就職や転職では、強い武器になる可能性はかなり高いです。

応用情報技術者試験に関しては、IT業界に就職して実務経験を積んでから受けても遅すぎることは全くありません。

IT業界の就職と資格

未経験者の方

資格を取ると言っても独学では、だいぶ厳しいです。

そんな時に大事なのが、他の人に教えてもらうです。

そして、IT業界への就職や資格を取るのを目指すために教えてもらうなら、自宅で現役エンジニアから学べる

『TechAcademy [テックアカデミー]』

がおすすめです。

TechAcademy [テックアカデミー]では、現在(2021年9月12日)さまざまなコースが用意されています。

Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)

・PHP/Laravelコース ・Javaコース

・Pythonコース

・フロントエンドコース

・WordPressコース

・iPhoneアプリコース

・Androidアプリコース

・Unityコース

・AIコース

・データサイエンスコース

・Webデザインコース

・UI/UXデザインコース

・Webディレクションコース

・Webマーケティングコース

・動画編集コース

・TechAcademy Pro(エンジニアへの転職を保証するコース)

などが挙げられます。

特に、TechAcademy Proのコースでは、エンジニアへの転職を保証してくれるのが嬉しいですよね。



経験者の方のおすすめの就職先

経験者の方におすすめの就職先は、

株式会社ファンコミュニケーションズ

という会社です。

A8.net を開発運用するエンジニアの募集をしています。


経験者で自分で就職を探したい方

経験者で自分で就職を探したい方は、『IT就職ナビ転職』で就職したい会社を探すのがおすすめです。


いっそのことフリーランスに転職してみたい方

障害者の方は、上司や同僚との人間関係が疲れるから嫌だ!出来るだけストレスなく生きたいという方もいるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、フリーランスのエンジニアとして働くことです。

そんな方におすすめなのが、業界トップレベルに、フリーランスやIT技術にも詳しいコンサルタントがサポートしている『ポテパンフリーランス』です。



医療や福祉業界

医療や福祉業界は、障害者が就職や転職をするにはおすすめですが、資格の受験条件が年単位でかかるのが特徴といえます。

では、それぞれの資格を紹介していきたいと思います。

【国家資格】社会福祉士

社会福祉士は、身体障害や精神障害で生活に困っている人を支援する国家資格のことを言います。

生活で困っていることを聞き取り、解決するためのアドバイスやサポートを行なったり、関係機関と連携して仕事を行なうこともある職業です。

社会福祉士は、障害者施設や医療機関などの福祉関係の施設への就職にも有利になることが多いです。

福祉分野で仕事をしたい方におすすめの資格と言えるでしょう。

筆者も一時期目指そうか迷った時期があります。

ただし、受験資格を得るために、福祉系大学で4年間勉強して卒業する、又は一般大学や実務経験からのスタートで5年程度の経験が必要になります。

【国家資格】精神保健福祉士

精神保健福祉士も、社会福祉士と同じように、社会的な問題や生活上の不便、雇用問題などで困っていることを聞き取り、解決するためのアドバイスやサポートを行なうといったことをします。

社会福祉士と異なる点をあげるとしたら、相談を受ける相手が精神障害の当事者とその家族などに特化しているなどがあげられます。

なので、精神的な悩みの解決が求められることが多いというのが特徴です。

精神保健福祉士も社会福祉士と同様、受験資格を得るために、福祉系大学で4年間勉強して卒業する、又は一般大学や実務経験からのスタートで5年程度の経験が必要になります。

【国家資格】公認心理師

公認心理士は、筆者も目指すか迷っている資格です。

公認心理師は2017年にできたばかりの新しい資格です。

ですので臨床心理士という資格を知っていても、公認心理士という資格を知っている方は少ないのではないでしょうか?

ですが、臨床心理士が民間資格なのに対して、公認心理士は国家資格なので、就職の時により有利と言えるでしょう。

公認心理師の仕事は、心の悩みを抱える人やその家族から悩みをヒヤリングし、解決に向けて支援策を模索したり、アドバイスやサポートを行う職業です。

その人に合った解決方法を見つけ出すために、面談や観察などを通して、最適なサポートをするための分析を同時に行うといったことをします。

これらも受験資格の難易度が高く、4年生大学と大学院2年で心理学の科目の履修をする、又は実務経験5年の期間が必要です。

なので筆者は、大学院に行って資格取得を目指すか、就職を目指すか迷ってます。



不動産業界

不動産業界を目指す障害者の方におすすめなのは、宅地建物取引士です。

【国家資格】宅地建物取引士

不動産業界では言わずと知れている資格です。

確実に宅地建物取引士を持っていると就職に有利に働くことは、間違いなしです。



金融業界

金融業界を目指す障害者におすすめの資格を紹介していきたいと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは、お客さんの夢や目標を達成するために資金計画を立てる支援をする専門家のことをいいます。

税制や不動産や住宅ローンや保険や年金などのお金に関するいろいろな知識が求められることになります。

ですので、証券会社や銀行、又は、保険会社などの金融業界はもちろんのことながら、不動産業界への就職にも有利に働きます。

証券アナリスト

証券アナリストは、証券投資に置いて市場を分析・調査する専門家のことをいいます。

主に証券会社で働いてる方や働きたい方におすすめの資格です。

資産運用をするすべての人に投資に関するアドバイスや管理サービスを提供していくことになります。



障害者が働くなら2種類の方法がある

障害を持ってる方の働き方は、2種類あります。

それは、一般就労と福祉的就労があります。

福祉的就労は、障害に対して配慮してもらいたいや一般就労のような働き方が難しい障害者などの方におすすめです。

そのどちらにも対応していて、就労支援をしてくれるのが、

『Cocorport』

です。

もしよければ、一度見学からでもどうですか?

まとめ

やはりまだ社会では、悲しいことに差別は、無くなっているという状態ではないですし、偏見もあり、障害者の雇用には、偏見を持っている方も中にはいるでしょう。

そんな方が心を折らずに生きていける社会になってくれたら嬉しいと願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました