わかりにくいうつ病と適応障害の違い!!現役の心理学科の大学生が説明してみた!!

意外とわかりにくいうつ病と適応障害の違い

うつ病と適応障害の症状

うつ病は、1日中気力がわかず、気分が落ち込むことや何をしても楽しめないといった状態が長く続いている状態です。

詳しくうつ病のことを知りたい方は、こちらから

うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生がうつ病について詳しく徹底的に解説してみた
うつ病について うつ病ってなに? うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。 そして、うつ病は基本...

一方、適応障害は、ある特定の状況や環境がその人にとって耐えがたいと感じると、強いストレスとなって気分や行動面に症状が現れるものです。

うつ病と適応障害の行動面や心の違い

うつ病と適応障害は、結構似ています。

ですが、似ているところもあるので紹介していきたいと思います。

行動面

適応障害には見られてうつ病には、見られない症状は、抑うつ状態の不安や焦り怒りから、突然大きな声をあげたり、怒りだしたり、泣き出したりなど奇異な行動をとったり、気分のむらが見られるケースも多いです。

さらに適応障害は、うつ病と違い罪悪感を抱きにくいという特性があります。

ストレス状態から離れた時

うつ病の場合、ストレスから離れても抑うつ状態が続きます。

ですが適応障害の場合、一般的にはしんどいと感じる環境や状況から離れることで症状が緩和されることや徐々に回復して、日々の生活を楽しみになるなどポジティブな感情があらわれたりします。



意外と誤解してるうつ病と適応障害について

みなさん、このように勘違いされている方は、いませんか?

うつ病という病気は何らかのストレスに対する直接の反応として発症する」

です。

そう考えてる方は、誤解です。

典型的なうつ病の方の場合、発病のきっかけがいまだ、明らかではない場合が多いです。

そもそもですが、うつ病という病気が医学的に注目され、概念が確立してきた理由の1つは、「明らかな誘引なしに、うつ状態になる人がいる!なぜだ?」発見と疑問から生まれたという経緯があります。

そこから、「ストレスに対する反応や発症するのであれば、むしろ、自発的にうつ状態になってしまうのではないか?脳の病気である可能性もあるのではないか?」と考えられ、「心の病気ではない、脳の病気である、『うつ病』」という概念が現在では、確立されたのです。

ストレスでなるうつ状態は、病気としていう言葉が、医学的には適応障害と言うわけです。

うつ病と適応障害は全く違う

うつ病と適応障害は、かなり違う病気です。

ですので、診断を間違えてその2つを混同することにより、あまり治療的に良くない対応をされている場合があるのです。

ですので、うつ病と診断されてて、薬を長年薬を飲んでるのに、あんまり効果が出てるように感じないと言う場合は、適応障害の疑いもあります。

なぜならうつ病は、薬が効きやすいですが、適応障害は、薬が効きにくいからです。

宣伝

ここ最近の現代社会は、ストレス社会ですが、皆さん疲れてませんか?

『誰かに愚痴を聞いてほしい』『誰かと話したい』『恋人が欲しいけどできないから嘘でもいいから恋人みたいに接して欲しい』などの悩みはありませんか?

そんな悩みが解決できるのは、『TALKFULLNESS ヒアリング・サービス』です。

TALKFULLNESS ヒアリング・サービス』では、いろいろなサービスがあります。

お悩み相談、愚痴聞きはもちろん、夢を満たせるバーチャル恋人やオンライン飲み友達まで対応しています。

そしてなんと、

新規会員登録無料で初回は30分無料で提供しています。(2021年9月11日現在)

そして、無料心理解説などもしてもらえます。

自分の心の状態をつかみ、お悩みの解決やヒントを見つける信頼ある心理テストを提供しています。

あなた固有の性格・恋愛傾向やヘルスチェックまで対応可能。

う〜む。面白そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました