うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生が睡眠障害について詳しく徹底的に解説してみた!!

睡眠障害について

睡眠障害ってなに?

日本人の5人に1人が何らかの睡眠問題を抱え、60歳以上では約3人に1人に及ぶというデータがあります。

睡眠障害は、もはや国民病と言ってもいいのではないでしょうか。

睡眠障害には、いろいろな種類があります。

代表的なので言えば不眠症などです。

不眠症は、有名なので言葉ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。

睡眠障害の種類と症状

睡眠は人間の三大欲と言われるほど重要ということです。、そんな睡眠に支障をきたしてしまう。睡眠障害には、いろいろな種類があります。

それぞれ1つずつ詳しく紹介していきたいと思います。

1.不眠症

夜寝つきが悪いや眠りを維持できないや朝早く目が覚めるや眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れやいろいろな体調不良が起こる状態をいいます。

不眠症にも4つのタイプに分けられます。

入眠障害

入眠障害では、ベッドに入ってから寝付くまでにかかる時間が長いのが特徴です。精神的な問題を抱えている時や不安や緊張が強い時などにおこりやすいといわれています。

中途覚醒

中途覚醒では、睡眠中に何度も目が覚めて一度起きたあとなかなか寝つけなくなるのが特徴です。目が覚める時間や回数は個人差がありますが、高齢になるにしたがって多くあらわれてきます。

早朝覚醒

本来の起きる時間よりだいぶ早く目が覚めてしまい、その後眠れなくなってしまうのが特徴です。年をとると体内時計のリズムが前にずれやすく、若い人に比べて夜遅くまで起きていられなくなるので、早寝早起きになります。

熟眠障害

時間として眠っていても、ぐっすり眠れたという満足感が得られないのが特徴です。

途中で息が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」や寝ている間に足がピクピク動く「周期性四肢運動障害」など、睡眠中に症状がでる病気に関係していることもあります。

2.過眠症

過眠症とは、夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態です。

過眠症の主のタイプ3つを紹介していきたいと思います。

ナルコレプシー

世界的基準では、1000人〜2000人に1人にみられる病気です。10代で発症することが多い疾患です。

症状は、日中の耐え難い眠気と居眠りが繰り返し生じます。
居眠りは長くても30分以内と短く、目覚めたあとは一時的にすっきりします。
笑ったり怒ったりすると、突然体の力が入らなくなり、ひどいときにはへたり込んでしまいます。
寝入りでは、金縛りにあったり、現実と区別がつかないような夢を体験したりするなどもあげられます。

特発性過眠症

発症は10~20代で、有病率はナルコレプシーよりやや少ないとされています。昼間の眠気と居眠りが主の症状です。

症状は、居眠りは、1時間以上続き、目覚め後はすっきりと覚醒できずに眠気が持続し、スッキリした感覚が乏しい場合が多いです。
夜の睡眠も10時間以上ときわめて長い場合があります。

反復性過眠症

非常にまれな疾患です。
初発は、ほとんど10代で、女性よりも男性の方がなるのが高いとされています。

症状は、強い眠気がある時期が3日から3週間持続し、自然に回復してまったく症状がなくなるが、その後、不定期に間隔で繰り返し症状があらわれる。

3.概日リズム睡眠覚醒障害

体内時計の周期を普通の方はできる24時間周期に適切に同調させることができないために生じる睡眠障害です。

4.睡眠呼吸障害

睡眠呼吸障害とは、睡眠中に異常な呼吸がある病態の総称です。

睡眠呼吸障害には、3種類があります。

それぞれ紹介していきたいと思います。

閉塞性睡眠時無呼吸

空気の通り道である上気道が睡眠中に狭くなったり完全に閉じたりして酸欠が起こり、睡眠が分断される状態のことをいいます。

中枢型睡眠時無呼吸

眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸です。日本には200万〜300万人いると考えられています。(考えられてるだけで本当のところは、わからない)

日中の眠気を招くだけではなく、高血圧や脳卒中のリスクもあります。そして、いびきなどのサインを知ることによって、疑わしい場合は病院に行くことをおすすめします。

混合型睡眠時無呼吸

睡眠中に呼吸中枢の異常が起こり、気道の狭窄や閉塞により夜間のいびき、無呼吸を繰り返す病気です。

要は、閉塞型中枢型が混ざったのが、混合型です。

5.睡眠関連運動障害

睡眠関連運動障害は、睡眠中や睡眠前後に現れる比較的に単純な体の動きを主な特徴として、睡眠の妨げとなります。

この点で、複雑な行動を引き起こす睡眠時遊行症、夜驚症、レム睡眠行動障害などの睡眠時随伴症とは異なります。

周期性四肢運動障害むずむず脚症候群が代表的な疾患です。

そして、しばしば2つの疾患は併存します。

このほか、睡眠中にこむら返りや歯ぎしりが繰り返し生じる疾患もここに含まれます。

周期性四肢運動障害むずむず脚症候群について説明したいと思います。

周期性四肢運動障害

睡眠中に、四肢の筋肉が急速に収縮しては弛緩する不随意運動が繰り返し起こります。

深い眠りが妨げられ、中途覚醒が増えるのが特徴です。。軽症例では症状が自覚されない場合も多いのですが、重症例では主に日中の眠気や倦怠感が主訴となり、発覚します。

むずむず脚症候群

主に夕方から夜にかけて静かに休んでいる時などに、四肢に、むずむず痛いかゆい虫が這うなどの感覚があるようで、そのように表現される不快な感覚が出現し、四肢を動かしたい衝動に駆られることを特徴とします。

四肢を動かしたり、異常感覚部位に刺激を与えることで不快感がマシになりますが、安静状態に戻ると再び症状が出現します。

これにより眠気があっても眠ることが出来なくて、極めて強い苦痛を伴います。

6.睡眠時随伴症

睡眠中におきる、ねぼけの行動の総称です。

睡眠中に生じるねぼけや夜尿や歯ぎしりや悪夢などの望んでいない現象を総称して睡眠時随伴症といいます。

主として運動面の問題として現れるものとして睡眠時遊行症夜驚症レム睡眠行動障害寝言などいわゆるねぼけに含まれるものがあります。

また、自律神経の問題が主なものとしては、睡眠時遺尿症乳児睡眠時無呼吸症などがあげられます。

その他のものとしては、悪夢、睡眠麻痺などがあります。


睡眠障害の原因

睡眠障害の原因は、人によって様々です。

原因によって、生活習慣を見直すだけで大丈夫な場合もあります。

人によっては、医師による治療が必要になる場合もあったりします。

なので、対処法も変わってきます。

なので、睡眠障害になる、よくあるタイプの5つを紹介していきたいと思います。

心理的原因

いわゆるストレスです。

身体的原因

身体の病気や症状が原因で起こります。

精神医学的原因

精神や神経の病には、睡眠障害を伴うことが少なくないです。

そのなかでも、睡眠障害、特に不眠になりやすいのは、不安抑うつです。

憂うつな気分が続いたり、これまで楽しかったことが楽しめなかったりするのは、うつ病の可能性があります。

うつ病のことをもっと詳しく知りたい方は、こちらからどうぞ。

うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生がうつ病について詳しく徹底的に解説してみた
うつ病について うつ病ってなに? うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。 そして、うつ病は基本...

そして話は戻りますが、それが原因で眠れなくなったりします。

慢性的な不眠症では、3分の1から半数は、何かしらの精神医学的な疾患を持っているとも言われています。

落ち込んだり憂うつな気分が続く時は気をつけるべきです。



薬理学的原因

服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる場合があります。

代表的な薬は、抗がん剤自律神経・中枢神経に働く薬ステロイドなどがあげられます。

生理学的原因

海外旅行や出張による時差ボケや、受験勉強や職場の勤務シフトやニート生活などで生活リズムが不規則になることによって生活リズムの昼夜逆転など、ライフスタイルが大きく変わると、眠ろうとする機能が低下し、眠る機会が妨げられることなどがあります。

睡眠障害の治療

まずは、原因とタイプを把握することからはじめます。

そして、睡眠障害の治療では原因と重症度によって治療方法も異なります。

軽度の不眠の場合では、ライフスタイルの改善からはじめます。

できるだけ規則正しい睡眠習慣を実施することが大事になります。

やはり人間、規則正しい生活が1番です。(筆者は、深夜に記事を書いてる)

そして、必要に応じて処方の睡眠薬等を使用します。

睡眠障害のタイプによって処方の睡眠薬が変わります。

また、睡眠障害は私がなっている、うつ病不安障害などの他の病気が原因で起こっている場合も多いです。

なので、一概に睡眠障害の治療といってもいろんな種類があります。

睡眠障害についてのおすすめの本

睡眠障害について知りたい方や治したい方におすすめの本は、内山真さんが書いている『睡眠障害の対応と治療ガイドライン 第3版』です。

内容としては、タイトルにある通り、睡眠障害の対応と治療のガイドラインを睡眠障害の専門医がわかりやすく解説しています。

睡眠障害の対応と治療ガイドライン 第3版 [ 内山 真 ]

価格:3,080円
(2021/9/6 05:58時点)
感想(2件)

他の精神障害を知りたい方

他の精神障害のことを知りたい方は、いろんな精神障害について書いてるのでこちらからどうぞ

精神障害ってなに!?どんな種類があるの!?そんな質問に徹底的に解説してみた!!
精神障害って何!?どんな種類があるの!?そんな疑問に徹底的に答えてみた 精神障害ってなに? 精神障害とは、精神疾患のため精神機能の障害が生じ、日常生活や社会参加に困難をきたしていて、日常の生活に支障をきた...

宣伝

障害者がイチから就職を目指したいならCocorportがおすすめ。

Cocorportでは、就職するために就労移行支援をしています。

一度見学からでもいかがですか?

さいごに

睡眠障害は、なかなか辛いと思いますが、より良い人生を送るためにも治療を頑張ってもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました