うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生がうつ病について詳しく徹底的に解説してみた



うつ病について

うつ病ってなに?

うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。

そして、うつ病は基本2種類ありますそれは、『従来型うつ病』『非定型うつ病』があります。

非定型うつ病には、別名として新型うつ病現代型うつ病などと呼ばれることもあります。

2種類とも当てはまるうつ病の症状

身体に起こる症状

身体に起こる症状は、

  • 睡眠障害
  • 食欲の減退
  • 疲労感・倦怠感
  • 動悸・息苦しさ・口が渇くなど



心に起こる症状

心に起こる症状は、

  • 抑うつ気分
  • 不安・あせり
  • 遠くへ行きたい・消えてしまいたい
  • 興味または喜びの喪失
  • 意欲の低下・おっくう感
  • 自分を責める
  • 会話やなどの話が全く頭に入ってこない

などがあげられる

従来型うつ病と非定型うつ病の違い

従来型うつ病の症状

従来型うつ病は、良いことがあっても一切気分が晴れない、明らかな食欲不振や体重減少、気分の落ち込みは決まって朝がいちばん悪い、早朝に目が覚めたり、過度な罪悪感などがあげられます。

遊ぶときも気分が落ち込んでいたり、自責思考に陥ったり、不眠や拒食などが特徴としてあげられます。

非定型うつ病の症状

非定型うつ病は、遊ぶときには気分が良いし、他責思考であり、過眠や過食や体の鉛のような、重さなどの症状があげられます。

なので周りからは、わがままな人間と勘違いされることもあります。



 

うつ病になりやすい性格

従来型うつ病の場合

真面目、几帳面、良心的、責任感が強い、勤勉、正確、綿密、凝り性、完璧主義、規範や秩序を愛する、人に気を遣うなどの長所がありますが、その反面、柔軟性に欠け、挫折に弱く、物事を一人で抱え込んでしまい周囲に助けを求めることができないなどの短所があり、適度に「サボる」ことができないなどの弱点があります。

非定型うつ病の場合

漠然とした万能感、回避傾向、社会的役割を離れた自分自身への愛着、規範に対して「ストレス」であると抵抗する、元々仕事熱心でない、上下関係の社会への嫌悪感と回避など従来型とは、かなり異なっています。

うつ病の治療について

うつ病は脳の病気ですから治療しないと悪化して治りにくくなったり、その後の社会生活に大きな悪影響を与えてしまったりするので、なるべく早く治療を開始することが大切です。

うつ病の治療の主要なのは、四つです。「休養」「環境調整」「薬物治療」「精神療法」です。

休養

休むことは悪いことではありませんし、うつ病は病気であって、怠けではありません。も ともとまじめな人には、ほかの人に迷惑がかかると考えて、休養することをためらう方もいますが、会社を休む、家事を誰かに手伝ってもら うなどして積極的に休養を取る工夫が必要です。何かやらなければとあせることもありません。休養をとることは、うつ病から回復するために非常に重要です。なので、休養しているからといってネガティブになる必要はありません。

環境調整

家族や職場の理解を得ることで本人が安心して休めるように周りも実行しましょう。また、病状が安定したら再発を予防するためにも、職場の配置転換や勤務時間の短縮、家事の軽減などの環境調整も大切です。やはり周りの理解は大切です。



薬物治療

薬物療法を行う場合、最初は副作用を抑えるために少量から抗うつ薬の服用を開始し、徐々に適切な服用量に調整していきます。

一般的な副作用は、吐き気や胃のムカつき、口が乾く、眠気、尿が出にくい 、性機能の低下、便秘、急な高熱・発疹 などがあげられます。

筆者も薬物治療をしていますが、個人的には、効き目は抜群です。それに副作用などはとくになかったです。

私はそうでしたが、ほかの方は副作用どうなるかわからないので何とも言えませんが・・・

 

精神療法

精神療法では、医師やカウンセラーなどが、患者さんと対話を重ねながら、問題を解決する方法を患者さんと一緒に探すお手伝いをします。精神療法には認知療法や対人関係療法などがあります。

筆者も2週間に1度カウンセラーのお世話になっています。

私のうつ病についてのおすすめの本

私がうつ病でおすすめしている本は、鍋田恭孝さんが書いている『うつ病がよくわかる本 うつ病の本質・うつ病からの立ち直り方・うつ病のある』です。

どのようなときにうつ病になりやすいのか?-

どんな性格の人がうつ病になりやすいのか?

うつ病の治療にはどのようなアプローチが必要か?

など詳しく書いています。

できればもっと詳しくうつ病を知りたい方は、読んで欲しいです。

うつ病がよくわかる本 うつ病の本質・うつ病からの立ち直り方・うつ病のある [ 鍋田恭孝 ]

価格:3,080円
(2021/9/5 16:52時点)
感想(2件)

他の精神障害を知りたい方

他の精神障害のことを知りたい方は、いろんな精神障害について書いてるのでこちらからどうぞ。http://utuotake.com/2021/09/02/958646/

さいごに

ここまで読んでいただきありがとうございました。

読んでいただいた方の助けになれてたら嬉しいです。

精神病を持っている方に言いたいのですが、あなたは決して1人ではないのでお互い強く生きましょう。

他の精神障害を知りたい方は、こちらから。

うつ病や不安障害の元ニートの心理学科の大学生がうつ病について詳しく徹底的に解説してみた
うつ病について うつ病ってなに? うつ病とは言葉では表現しようがないほどつらい沈んだ気分または興味・喜びの喪失が、ほとんど一日中ほぼ毎日、2週間以上続き、仕事や日常生活にも影響してしまう病気です。 そして、うつ病は基本...

宣伝

障害者がイチから就職を目指したいならCocorportがおすすめ。

Cocorportでは、就職するために就労移行支援をしています。

一度見学からでもいかがですか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました